駒場東邦中学校

創刊62年目を迎えた雑誌文芸部の部誌、「山なみ」

駒場東邦中学校

駒東生の機関紙ともいうべき総合雑誌「山なみ」が創刊されたのは、1 9 5 9( 昭和3 4 )年、これまで一度も絶えることなく駒東生の言葉を発信し続けてきました。この雑誌は、生徒たちの発信の場であり、様々なテーマをもとに研究、考察した論文の発表の場でもあります。さらに、1963年頃からは、精力的な活動をなさっている文化人、作家、研究者の方々を毎年生徒たちが訪問し、その知性に直に触れるとともに、若者達への発信を吸収、そしてこの「山なみ」に掲載してきました。「山なみ」はもはや駒場東邦の歴史そのもの、この冊子の執筆に関わることは駒場東邦の歴史を紡ぐこと、と語る部長のS君。生徒が型にとらわれない意見を外部に発信し、執筆に関わることにより、公的な場への発信という経験とその重さを実感することができるとF 君が語ってくれました。毎年生徒たちの手で一年間をかけて編集、発行する「山なみ」。駒東生の、エネルギーと思いが詰まった部誌となっています。

>学校HP