足立学園中学校

進路探究、課題探究

足立学園中学校

「答えのない課題に向き合い探究する能力」の育成を目指した探究型の学びを推進しています。中学では総合学習や道徳の時間を使い、「自分はどういう人間か」「自分が社会に何ができるのか」考える機会をつくり、高校からは「課題探究」と「進路探究」の2つを軸に授業を行います。課題探究では既存の知識を生かして、新しいことを創造していく能力を育成。進路探究では、自分が成すべきことを真剣に考え、大学進学の先を見据えた進路や自分の将来を探究します。高校からの探究総合の授業のうち、「課題探究」では、理系文系の区別なく広範囲の科目を自主的に学び、広い教養を身につけます。また、自由に決めたテーマについて調べ、論文を作成し、プレゼンテーションまで実施します。さらに松下政経塾の活動を同校向けにアレンジした「こころざし探究プログラム」では、実際に松下政経塾に足を運び、志を立てて行動している方に触れることで、自分の志を見つめ直し、その発表まで行っていきます。こうした探究の時間での経験により、「やればできる」という自己肯定感や志を行動に変えられることを学ぶ機会になっているのです。

>学校HP