田園調布学園中等部

ICTをフル活用し、休校中や分散登校中も生徒の学びをサポート

田園調布学園中等部

2020年3月2日から日本全国の学校が休校になりました。しかし、田園調布学園では、3年前から取り組んできたICTの活用と、一人一台所持しているChromebookをフル活用し、授業動画や課題の配信を3月から実施。英語や国語などのコミュニケーションを必要とする教科は、3月下旬からオンラインでライブ授業にもチャレンジしました。4月になっても休校が継続したので、ご家庭での通信環境の確認や、PCなどの端末がない新入生には学校のPCを貸与し、4月中旬からオンライン上での授業がスタート。5月からはオンラインライブ授業も実施。授業だけでなく、HR、担任との個人面談、保護者懇談会などを実施したそうです。そして6月1日から分散登校が始まり、授業は6月3日からスタート。各教室にWebカメラを設置し、半分は対面で、半分は在宅で同じ授業をライブで受講できるようにしているそうです。こうしたサポートをいち早く実践できたのも、ICT教育の可能性を早くから予見し、研究していた先生方の成果ではないでしょうか。

>学校HP