桐光学園中学校

ノートPCや大型モニターを活用した充実のICT学習

桐光学園中学校

近年ICTを本格導入した同校。すでに高校生全員のクロームブック(ノートパソコン)所持が実施されていますが、2021年度より中学生全員に同デバイスがいきわたり、各教室にはWi-Fi環境と大型モニターが整備され、その全てがPC教室となる予定です。クロームブックは、アクティブ・ラーニングの視点に立った学習プロセスにおいて効果的に活用できる教育に特化したツールであり、授業で活用するのはもちろん、自宅学習にも連動するツールとして有効だとされています。高校で使用しているクロームブックは、5教科を中心に授業や自宅学習で活用されており、それぞれの教科において、情報の検索、収集、取捨選択、活用、発信など、ICTの使い方を学んでいます。新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とした休校措置などの緊急時にあっても、その効果的な利用が、様々な対応を可能にしたようです。今後は、高校での利用で培ってきたICT教育のスタイルを中学校で活用することで、新たな中学教育のあり方を構築していくことでしょう。

>学校HP