東邦大学付属東邦中学校

卒業生が宇宙に!金井宇宙飛行士、地球に無事帰還

東邦大学付属東邦中学校

1994年度卒業生である金井宣茂さんが、宇宙飛行士として2017年12月ロシアの有人宇宙船ソユーズに搭乗、国際宇宙ステーション(ISS)における、約5カ月半のミッションに参加し、2018年6月無事地球に帰還しました。滞在中は「健康長寿のヒントは宇宙にある」というキャッチフレーズのもと、無重力空間を利用した医学実験や、日本人として約5年ぶりの船外活動などに従事。同校では、金井さんの活動と呼応するように、宇宙教育を推進する系統的なプログラムを実施しました。学内において金井さんやJAXAに関する常設展示・VTR上映のほか、生徒や地元の小中学生を集め、宇宙にいる金井さんとリアルタイムで交信するイベントを開催。「夢をかなえるには?」という子供からの質問に、「夢というと現実味がない。目標と考え、自分に何が必要か具体的に考える」ことの重要性を説いた金井さん。そのルーツには、質の高い実験や観察を重視する、実証的かつ論理的な東邦教育のスピリッツが息づいています。

>学校HP