明治大学付属明治中学校

紫紺一色に染まる心

明治大学付属明治中学校

紫紺祭の最終日、入りきれないくらいの生徒、保護者、OB・OG、その他来場者たちが体育館に集まってきます。応援指導班のステージを観るためです。スクールカラーである以上に、同校の精神を象徴する、紫紺色の応援団旗が壇上に掲げられると、会場の熱気は一気に高まります。一人ひとりユニークに紹介された、少数精鋭の班員が力強く、華やかに、会場を盛り上げていきます。最後に紫紺色の半纏をまとった団長の校歌が会場に響き渡る時、その場にいる同校を愛する人たち全員の気持ちが、ひとつにつながります。そして観客が投げ入れた紙テープで、壇上一面が見事な紫紺色に染まります。その色は、脈々と伝統を受け継いできた人たちと、これから受け継いでいく人たちをつないでいくのです。一度見たら、決して忘れることのできない感動的な光景です。

>学校HP